吃音治療のサイトをリリースしました

吃音治療のサイトをリリースしました

健康サイト「kikara」を運営する当社はこの度、吃音治療のサイトを立ち上げました。

脳科学に出会って吃音が治りました

特徴

このサイトは吃音に悩む方に対して吃音の治療情報を提供するサイトになります。吃音はいまだわからないことも多く、なかなか体系だった情報がありません。あったとしてもそれは古かったり、専門的であったりします。

しかし、吃音者は今この瞬間も吃音に悩んでおり、望んでいるのは吃音の研究や専門的な知識ではなく、吃音を治して明日の朝礼を乗り越えること、電話に恐怖しないことです。

そのためには一般情報よりは、より実践的な情報が望まれるということからこのサイトを立ち上げました。

サイトのディレクターも実際に吃音だった者とし、実体験に基づいた有益な情報としています。

背景

吃音は隠れ吃音を入れて10人1人とも言われています。しかし、吃音は「お、おおお、おは、おはよう、ごございます」とか「おーーーーーはよう」、「・・・・ぉ・・・ぉ・・ごあいます」といった喋り方になるという特徴があります。

この病気自体があまり知られていないということと、一見「噛んでいる」とも見えるこの症状のため、いじめの標的になりやすく、また日本の吃音治療が遅れているのも相まって自殺者が多いことも特徴です。

吃音者自身が病気のことを知らず、「あがり症」「情けない」という思いから、自殺を考えるようになるようです。

そういった状態を変えたくてこの総合ポータルサイトを作りました。

吃音は奇異、特異な病気です。電話や人前など特定の条件下でのみ吃音のスイッチが入ります。今まで話せていたことが急に話せなくなります。よく言われることですが、目が見えない人が急に目が見えたり、またすぐに見えなくなったりする病気を知っていますか?恐らく知らないと思います。当然です。恐らくそのような病気はないからです。

しかし、吃音では実際にそういうことがあります。普段は普通に話せることも電話だと話せなくなり、電話が終わるとまた普通に話せます。自分の名前が言えなくなるのも吃音の特徴です。

それぐらい奇異な病気です。そのため、吃音は吃音者でしかわからないと思います。よって吃音を治せるのは吃音者だけというコンセプトで立ち上げたサイトです。

医療研究者からすると何の立証もされていないことも書くかもしれませんが、それでも吃音者が運営するサイトは意義があるかと思っています。

このサイトが吃音者の救いとなれば幸いです。

◆脳科学に出会って吃音が治りました
サイトTOP

元吃音モンキー(ディレクター)プロフィール

吃音治療の極意

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る