夜、横になると咳が止まらない病気「咳喘息」とは

夜、横になると咳が止まらない病気「咳喘息」とは

昼間はそうでもないのに、夜になると咳が止まらなくなることってありますよね。

その原因は明らかになっていませんが、夜になると咳がひどくなると感じている人は非常に多いです。

眠れないほどのひどい咳が出る場合には、何らかの病気が疑われますが、それはどんな病気なのでしょうか。解明してみましょう。

夜になると咳が止まらない病気

夜になると咳が止まらない病気で一番可能性が高いのは、咳喘息です。これは体を横にすることと関係があります。

横になると、内臓の血行が促進されるので、内臓系の病気を患っている人は、横になることで早く回復できると言われています。

しかし肺疾患や心臓疾患の人は、上半身を起こして、肺や心臓の血流を少なくした方が、回復が早いと言われています。咳喘息もこれと同じ原理であると考えられます。

咳喘息を患っている人は、肺の血流が増えると炎症部分より泡のような痰が出ることがあります。しかし日中や体を起こしている時には、ほとんど痰が出ないということです。

咳だけ長引く風邪

風邪をひくと、風邪の症状はほとんどおさまったのに、咳だけが長引くことってありませんか。これは咳喘息を発症している証拠です。

たいていの場合咳喘息は、風邪の後に続いて発症します。そして痰がある限り、咳が止まることはありません。

ですので、できるだけ痰はしっかりと出すようにしましょう。そしてやはりこれも、夜、横になると咳がひどくなり、眠れないという状況が続きます。

日を追うごとに咳がひどくなり、7~9日目の夜にピークを迎えます。体を起こすと一瞬は楽になりますが、横になると再び咳がひどくなります。一晩のうちにこれを数回繰り返します。

いつまで続くのかわからない咳喘息は、ゆっくりのペースでだいたい1ヶ月くらいでおさまります。かなり長い間咳に悩まされますので、不安になることも多いことでしょう。

もちろんあまりにもつらい場合には、受診することをおすすめします。

アレルギー反応がおさまるまでの期間

咳喘息は、アレルギー反応の一種です。一度アレルギー反応を起こすと、治るまでに1ヶ月はかかります。

しかし喫煙者などは、咳喘息の原因物質を体に入れているわけですから、当然もっと時間がかかります。

喫煙者でなくても、受動喫煙によってアレルギー反応が再度悪化すると、そこからまた1ヶ月必要ですので、2ヶ月くらいかかることもあります。

風邪はだいたい3日くらいで回復するのに対して、アレルギー反応による咳喘息は、月単位で考えなくてはいけないのです。

最後に

咳が出はじめると、体力は消耗するし、場合によっては嘔吐することもあります。

まともに話ができないことさえあります。それに加えて眠れないとなれば、体の疲労はピークを迎えますし、仕事にも集中できなくなります。

一度発症してしまった咳喘息は、静かに終息を待つしかありません。

ハウスダストなどの物理的要因を排除したり、この時期は無理をしないなど、日常生活に配慮することが、少しでも早く改善させることに繋がります。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る