朗報!東京・大阪にて粉瘤の痛み・傷跡を少なく治せる病院6選

朗報!東京・大阪にて粉瘤の痛み・傷跡を少なく治せる病院6選

前回までは、粉瘤の治療法についてお話してきました。粉瘤は自然治癒や薬で治せるものではないため、どうしても外科手術に頼らざるを得ません。

そのため、傷跡が残ってしまいますが、粉瘤ができた場所によっては傷跡を気にされる方も多いでしょう。

そこで今回は、粉瘤の手術だけではなく、痛み・傷跡を少なく治せる病院を調べましたので紹介します。主要都市ということで東京・大阪に限定させて頂いています。

東京でお勧めの病院

1.おおしま皮膚科(渋谷駅前)

こちらの病院はできるだけ手術後の傷跡を最小にすることを心がけている病院です。

そのため、治療方法も小切開手術とくりぬき手術療法との良い部分を組み合わせた「くりぬき法変法」という患者さん思いの手術を行います。

また、ドクター自身がかなりの数の手術件数を経験していることからも、安心して手術を受けることができます。

さらに、土日も夜8時まで診療しているため、会社勤めをされている方も病院に行きやすいですね。

おおしま皮膚科

2.日本橋形成外科 皮膚科・美容外科

こちらの病院は美容外科も併設していることから、手術後の傷跡を目立たないようにする技術に長けております。

病院での手術件数が一年間で2,000件を超えることからも数多くの粉瘤を取り除く手術を行っていることがうかがえます。

また、こちらでは小切開手術療法が行われており、傷跡も小さいもので済みます。土日の診療を行っているので、平日忙しい方でも通いやすい点も特徴です。

日本橋形成外科

3.西新橋 みむろクリニック

こちらの病院は皮膚科・形成外科だけでなく、内科・外科も併設されているため、総合的な観点から治療を受けることができます。

手術時間が十数分と短時間で終わることが特徴です。

手術そのものの時間が短ければ短いほど体に負担をかけず、また、手術中に感じる痛みも伴わずに済みます。

残念ながら土日の診療は行っておりませんが、平日は夜の7時半まで診療を行っているため、日中診療に訪れることが難しい方でも通いやすい病院です。

西新橋 みむろクリニック

大阪でお勧めの病院

続いては大阪で粉瘤の治療をするのにお勧めの病院を紹介していきます。

1.こおりた ひろ整形外科クリニック

こちらはくりぬき手術療法で手術を行うため、痛みをあまり感じずに手術を受けることができます。

また、大きな粉瘤の手術例もあるため、安心して手術を受ける環境が整っています。

さらに、術後は湿潤療法を取り入れていることから、傷跡が目立たなくなることが特徴です。

こおりた ひろ整形外科クリニック

2.わたなべ皮膚科・形成外科

こちらの病院もくりぬき手術療法にて粉瘤を取り除いていくため、痛みもあまり感じずに、傷も小さくて済むことが多いとされています。

また、手術時間の短さも特徴的であり、5分以内で手術が終わるため、体にかける負担がとても少ない状態で手術を受けることができます。

粉瘤を取り除く治療実績が4,000件を超えていることからも、安心して治療を受けやすい病院です。

わたなべ皮膚科・形成外科

3.三輪皮フ科・形成外科

こちらの病院では患者さんの粉瘤の状態を診た上で、最も傷跡が小さくなる手術内容を提案してくれるため、患者さんと同じ目線で粉瘤について考えてくれる病院です。

手術時間も30分ほどで終わります。また、土曜日に手術を行うことができるという点も平日に訪れることが難しい患者さんにはうれしいですね。

三輪皮フ科・形成外科

まとめ

今までご紹介させていただいた病院が東京・大阪で粉瘤を取り除く手術をする際に、痛みも傷も小さくて手術を受けることができる病院です。

粉瘤を取り除く手術自体は形成外科ならどこでもやってもらえるものですが、傷跡を目立たなくするといった術後のケアまで気にされる方はぜひ今回ご紹介させていただいた病院を検討してみて下さい。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る