子宮筋腫はやりすぎ・性行為が原因って本当?

子宮筋腫はやりすぎ・性行為が原因って本当?

子宮筋腫ができる原因は、性行為のやりすぎや複数の異性との性行為と言われていました。

ここではその噂が本当か検証したいと思います。そもそもなぜこの様な噂が蔓延したのでしょうか。

子宮筋腫と性行為の関係

性行為をする場所が子宮に近いために、性行為が関係しているのではないかと考えられていたのでしょう。しかし実際に性行為で関係があるのは膣であって、子宮ではありません。

子宮は筋肉で作られていますが、子宮の筋肉が形成されるのは、お母さんのお腹の中にいる胎児のときです。このときに、子宮内膜とは別の何かが形成されて、子宮筋腫に発展したという考え方もあります。

子宮筋腫になる確率

40代以降の女性の4人に1人は子宮筋腫があると言われているほど、ポピュラーな病気と言われています。

しかし手術が必要なほど重篤な症状になるのは、その中でも数%にとどまると言われています。一度できた人は、複数できる可能性が非常に高く、再発もしやすい病気であると言えます。

なぜできるのか、予防方法はあるのか気になる所ですが、はっきりしたことは残念ながらわかりません。1つはホルモン分泌が関係していると言われています。

性行為で子宮筋腫が判明する場合

性行為をしている最中に、子宮筋腫ではないかと疑われる症状は、性交痛があるかということです。

子宮筋腫に触れることで、痛みを感じる場合があります。また、出血をする場合もありますので、異変を感じたら、すぐに婦人科を受診することをおすすめします。

パートナーには言いにくいかもしれませんが、自分の体を守れるのは自分しかいませんよ。

若い女性が子宮筋腫になる場合、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりしますので、早めの治療が望ましいと言えるでしょう。

ほとんどの人が経過観察

子宮筋腫を持っている女性は、非常にたくさんいますが、手術をするまでの症状の人はごくわずかです。

もっとも大きすぎて妊娠に支障をきたす場合などもありますので、大きいからという理由で切除手術を受ける人もいます。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですので、それが突然悪性に変化することはありませんが、定期健診は必要です。

新しくできた筋腫が悪性である可能性がごくわずかでもあるからです。筋腫ができやすい人がいて、複数の筋腫がある人がほとんどです。

生理を良く観察すること

子宮筋腫がある場合、生理に異常が見られることが多いのが特徴です。急激に生理の経血量が増えたり、生理痛がひどくなった場合などは、月経困難症や子宮筋腫の可能性が高いです。

生理は女性の体の状態を知る大切なバロメーターですので、自分の異変を見逃さないようにしましょう。昔は女性の体の状態を知るには、生理を知らずに理解することはできないと言われていたほどです。

最後に

子宮筋腫だと言われたら、性行為をやりすぎているからなったのだと他人に思われるのも嫌ですよね。

また誰かに相談することもできずに、一人で悩むことになります。ここははっきりと否定しておきます。子宮筋腫の原因は性行為ではありません。

非常に多くの女性がかかる病気ではありますが、だからといって、安心して安易に考えすぎるのも良くありません。しっかりと経過観察のために定期的に受診することをおすすめします。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

カテゴリ一覧

ランダム記事

ページ上部へ戻る