原因は何?子宮筋腫と月経との深い関係とは

原因は何?子宮筋腫と月経との深い関係とは

女性にとって月経は、様々な体調の変化を教えてくれる大切なシグナルのようなものです。

今までと何か違う症状が現れた場合、何らかの病気を疑う必要があります。その中でも特に月経と深い関係にある病気が、子宮筋腫です。

女性なら誰でも発症する可能性がある子宮筋腫の原因を探ってみましょう。

子宮筋腫の原因は?

一番の原因は、冷えによる血行不良であると考えられます。生理痛が引き起こされる原因も、冷えと血行不良によるもので、子宮筋腫と月経には切っても切れない縁があると言えるでしょう。

血行不良ということは、子宮内の血流も滞っているということです。他にも原因はありますが、血行不良が一番の原因です。

月経の状態を見て、ある程度、子宮筋腫があるかどうかを判断することができますし、良くない状況なのかどうかも判断することができます。

その様な場合には、婦人科でしっかりと検査してもらうことをおすすめします。

月経との関係は?

初潮を迎えてから閉経になるまでの約40年間は、妊娠している場合を除いて、毎月のように月経が訪れます。

子宮筋腫の大きさやできている場所によっては、月経異常や月経困難症などを引き起こす可能性が高くなります。

生理痛があまりにひどい場合には、子宮筋腫を疑った方が良いかもしれません。その場合には、手術になる可能性も視野に入れておくと良いでしょう。

大きな決断を迫られるかもしれませんので、人生設計を考えておく必要があるかもしれません。しかしほとんどの場合には、経過観察になることが多いです。

月経のメカニズム

月経はホルモンと密接な関わりがあり、ホルモンバランスを崩すと、月経にも変化が現れます。また、ホルモンバランスが崩れることで、子宮筋腫を引き起こしやすい状況になります。

月経が始まると、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。その働きにより、子宮内膜が厚くなり、着床しなければ、経血として排出されます。

実はこのエストロゲンというホルモンが、子宮筋腫を大きく成長させているのです。妊娠したことがない女性は、エストロゲンの分泌が優位な時期が多くなり、子宮筋腫が大きくなりやすいと言われています。

逆に、閉経になりエストロゲンの分泌がなくなると、子宮筋腫はそれ以上育たなくなり、小さくなっていくことがわかっています。

もし閉経近くに子宮筋腫が発見されたら、「閉経が訪れるまで経過観察にしましょう。」と言われる事がほとんどだと思われます。

さらに妊娠をすれば、月経が止まっていることでエストロゲンの分泌が減少し、子宮筋腫が自然消滅することもあり得ます。少なくとも、子宮筋腫の成長が抑制されて、小さくなることが考えられます。

最後に

子宮筋腫は40代以降の病気と思われてきましたが、最近では20代の女性でも子宮筋腫を患っています。若い世代が子宮筋腫を発症させる原因として考えられるのは、晩婚化と出産の減少です。

20代で出産を経験する人が少なくなり、常にエストロゲンが優位になっていることで、子宮筋腫を引き起こす要因が増えているのです。

仮に出産をしたとしても、1人もしくは2人しか産まないことが多いので、エストロゲンが優位になり、子宮筋腫が年々発生しやすくなっていると言えるのです。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る