生理痛を緩和する7つのツボ

生理痛を緩和する7つのツボ

程度の差はありますが、ほとんどの女性は生理痛を感じています。しかしほとんどの女性は、ただ我慢したり、横になったり、薬に頼ったりしています。

薬は症状をなくしてくれますので効果的ですが、一時的な改善にしかなりません。

他にもつらい生理痛を緩和させる方法は色々とありますが、ツボ押しは即効性があり、効果的に生理痛を改善してくれます。

自分で行う場合には、できる範囲に限りがありますが、恋人やご主人に手伝ってもらう方法もありますので、ぜひ実践してみて下さい。

ツボ押しの効果

体には無数のツボが存在し、様々な不調を治してくれる効果があります。また手のひらや足裏には反射区と呼ばれるツボが存在し、そこを刺激することで、内臓などにはたらきかけることができます。

健康を保つためにはツボ押しは効果的ですが、食後や体調がすぐれない時、また妊娠中などには注意が必要です。

また生理痛に効果のあるツボは、お腹や足に集中していますので、これから挙げるツボを刺激して、生理痛を緩和させましょう。

1.三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから指4本分の場所で、骨のすぐ後ろ側にあります。生理痛だけでなく、色々な症状に効果的なツボとして知られています。

親指で指圧しますが、初めはゆっくりと、だんだん強く押していきましょう。

2.血海(けっかい)

ひざのお皿から指3~4本分上の内太ももにあるツボです。親指で押して離すを繰り返しましょう。

生理痛の原因である血行不良を改善するツボで、特に子宮などの生殖器官の血行を促進するはたらきがあります。

子宮内膜がはがれ落ちるときに痛むのを緩和する効果があります。

3.腎兪(じんゆ)

背骨の両側にあるツボで、おへその位置と同じくらいの高さにあります。親指をツボの位置に置いて、上体を反らすと指圧しやすいですが、パートナーがいる場合には、マッサージしてもらうのが効果的です。

ツボの位置が押してもらいやすい場所にありますし、パートナーにマッサージしてもらうことで、リラックスすることができます。それが生理痛の緩和に役立ちます。

4.気海(きかい)関元(かんげん)

この二つのツボは近くにあります。おへそと恥骨のちょうど中間地点が関元で、おへそから3~5センチ下の部分が気海です。

どちらも生理痛に効果のあるツボですので、お風呂に入ったり、温かいタオルを乗せたりして、温めた後に指圧すると良いでしょう。

この部分は、丹田と呼ばれる体の中心に当たる所ですので、身体的にも精神的にも重要な役割を果たします。

生理痛に効果があるだけでなく、体の中心を感じることで体が温まったり、風邪を予防したりすることができます。

5.合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の間にあるツボで、ちょうど二つの骨の交わる辺りのくぼみにあります。手の甲側から、少し強めに、また少し長めに指圧すると効果的です。

ここは便秘解消にも効果がありますので、女性にとって嬉しい作用があります。

6.足三里(あしさんり)

ひざ下辺りにある出っ張った骨のさらに外側にあるツボです。親指で3秒間押して離す、を繰り返して下さい。長く押し過ぎたり、強く押し過ぎたりしないように注意しましょう。

生理痛や生理不順など、婦人科系の病気に効果があります。

7.照海(しょうかい)

内くるぶしのすぐ下辺りにあるツボで、親指で指圧すると良いでしょう。生理痛や生理不順、冷え性など、女性特有の症状に効果があります。

最後に

いかがでしたか?今回挙げた生理痛を緩和するツボは、生理痛に限らず、健康を維持するために欠かせないツボですので、日常的に刺激すると良いでしょう。

体が温まっているときにやると効果的ですので、お風呂上がりにツボ押しをすると良いでしょう。逆に熱っぽい時や食後などは避ける様にしましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

カテゴリ一覧

ランダム記事

ページ上部へ戻る