生理痛の原因とされる5つのこと

生理痛の原因とされる5つのこと

生理は子孫を繁栄するためにとても大切な生理現象です。昔はそれほど生理痛で悩む人はいなかったのですが、現代では様々な要因によって、生理痛に悩まされている人がいます。

主にストレスや生活環境の変化、出産年齢の高齢化などが挙げられます。

生理痛は生理前1~2週間から、場合によっては生理後まで続くことがあるので、月の半分近くは生理痛に悩まされていることになります。ということは、人生の半分近くは生理痛と戦わなければいけないことになります。

そう考えると愕然としますが、つらい生理痛の原因が何かわかれば、改善方法も導きだせる気がしますよね。ここで、生理痛の原因とされる5つのことをご紹介します。

1.プロスタグランジンが過剰になる

プロスタグランジンは、生理中に分泌されるホルモンで、これが過剰に分泌されると、ひどい腹痛に襲われます。

生理のしくみは、子宮を収縮させて子宮内膜がはがれるのですが、これがはがれにくい場合には、プロスタグランジンが過剰になり、痛みを伴います。

子宮内膜がスムーズにはがれる様にするには、温めて血行を良くすることが効果的です。

またこのホルモンが過剰に分泌すると、頭痛や胃痛、吐き気やだるさなどの生理痛の諸症状を引き起こしますので、悪化してしまうのです。

2.血行不良

喫煙習慣がある人、締めつける下着やファッションをしている人は、血行不良が原因で生理痛を起こしている可能性があります。

また血行不良になると冷え性を引き起こしますので、余計に生理痛が悪化します。お風呂に浸かって温まったり、とくに生理中は、ホッカイロや腹巻などでお腹を温めると緩和されます。

夏のエアコンは、冬場よりも冷えている可能性がありますので、夏こそ温かいお風呂に入ることが大切です。とくに下半身を日頃から冷やさないように気をつけることが重要です。

3.ストレス

ストレスはホルモンバランスを崩しますので、様々な症状を引き起こします。生理痛もその1つで、緊張状態が続くと、自律神経が乱れてしまいます。

またストレスは血行不良を引き起こしますので、生理痛が悪化するのはご理解頂けることでしょう。

ストレスは、代謝が悪くなったり、精神的に不安定になったり、不妊症になったりと、様々な悪影響が考えられますので、日々の解消が重要になります。

4.婦人病

経血量が通常よりも多いまたは少ない場合や、出血がだらだらと続くなど、いつもと症状が違う場合には、婦人病が潜んでいる可能性があります。

また、生理不順や不正出血も、深刻な病気が潜んでいる要因になりえますので、すみやかに婦人科を受診することをおすすめします。

考えられる病気は、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などが挙げられます。場合によっては手術が必要だったり、不妊や流産の危険もありますので、医師に相談すると良いでしょう。

5.出産が未経験

出産を経験していない女性の場合、子宮口が狭いことが考えられますので、経血の出口が狭く、プロスタグランジンが過剰に分泌される原因になります。

プロスタグランジンが過剰に分泌されると、あらゆる生理痛を引き起こします。出産を経験した30代くらいになると、生理痛が緩和されるのは、子宮口が広がりやすくなるためです。

最後に

生理痛の原因はおわかり頂けましたでしょうか?
どうすることもできない原因もありますが、自分で改善できることもありますので、日頃から自分の体の変化に敏感になり、快適に過ごせるように自分自身でサポートしてあげましょう。

生理とはまだまだ長い間付き合っていかなくてはいけませんので、生理痛を改善することで、大きな悩みが1つ解消されることになります。体質改善にも繋がりますので、この機会に健康を手に入れてみましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

カテゴリ一覧

ランダム記事

ページ上部へ戻る