笑えない、笑いがひきつる!原因がわからない顔面神経麻痺の治し方とは

笑えない、笑いがひきつる!原因がわからない顔面神経麻痺の治し方とは

毎朝、洗面所で見ている自分の顔、今日もいつもと同じでしたか?瞼(まぶた)などにかんじる「違和感」をサインに、『顔面神経麻痺』は突然おこります。

見た目の滑稽さからは想像もつかないほどいつらい疾患です。発生メカニズムを知って、早期治療につとめましょう。

どんな症状?

ざっくりいうと、「顔のゆがみ」です。しかし、顔の神経は部位ごとに枝分かれしているので、どの神経に麻痺がおこったのかによって症状がことなります。顔の一部だけが麻痺する場合もあれば、全体が麻痺する場合もあります。

目周辺の麻痺だと、目がとじにくくなり、乾燥して角膜に潰瘍ができることもあります。耳周辺の麻痺だと、耳が過敏になるため、耳鳴りがしたり、すべての音が大きくかんじます。

口元の麻痺だと、口角がたれさがり、よだれがたれ、大部分の味覚を失います。

いったい何が原因?

顔の神経が炎症をおこして腫れあがり、圧迫されることで死んでしまうためです。原因には「寒冷暴露」や「ウイルス感染」などの可能性があるようです。

急激な気圧や気温の変化などは、筋肉の緊張や皮膚の硬化、関節包内運動の異常をおこすことがあります。

以前は、これが顔面神経麻痺の主な原因とかんがえられていましたが、最近は「口内炎」や「帯状疱疹」の原因ウイルスとして知られる「ヘルペスウイルス」が関係していることが分かってきました。

本来あまり感染力はつよくないのですが、過労時や精神的ストレス、風邪などで体力がおちているときには要注意です。結局は「寒さ」も関係するようですね。

お医者さんでの治し方

発症直後しばらくは、毎日ステロイドなどを投与し、死んでしまった神経の再構築をおこないます。検査が必要であったり、麻痺の程度がおもい場合などでは、入院が必要になります。

神経はすぐには戻りません、根気よく治療しましょう。焦るとストレスがたまり、治療に悪影響です。

自分での治し方

目がとじにくい場合には、角膜を保護するために眼帯を着用したり、人工涙液を点眼しましょう。外出時には、マスク着用もいいですね。

保温効果はもちろん、好奇の目にさらされるため、余計なストレスを減らします。ストレスは神経の再構築には大敵です。反対に、大事なのは規則ただしい生活と十分な睡眠、栄養です。飲酒や喫煙はもちろんNGです。

顔面麻痺になると顔の筋肉がやせてしまい、神経が回復しても動きが回復しないことがあります。

そうならないために、顔をやさしくマッサージすることで筋肉をほぐし、刺激を与えることで萎縮を防ぎましょう。また、あたためたタオルで血液循環をよくすることも大切です。

しばらくして顔の動きがもどりはじめたら、額にしわを寄せてみたり、目を大きくひらいてみたり、口をへの字に曲げてみたり・・・、鏡を見ながら顔をうごかすトレーニングをおこなってみましょう。

ただし無理は禁物です。ただやみくもに動かしてしまうと、間違った回路ができてしまうことも。「口を動かすと目も一緒に閉じてしまう」とか、そうなると治療はもっとむずかしくなってきます。

必ず医師の指導のもとおこなってください。

最後に

適切な治療をほどこせば、ふつうの生活にもどることができます。

しかし、治療をおこたったり、誤れば後遺症がのこり、治ってもまた以前のようなストレスのおおい生活をおくることで、病気が再びおそってくるでしょう。

あなたのこころがけしだいです。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る