あせもと勘違い?子どもに多い紫斑病(しはんびょう)の症状や治し方

あせもと勘違い?子どもに多い紫斑病(しはんびょう)の症状や治し方

「アザは子供の勲章」なんていわれます。ころんだり、ぶつかったり、元気な証拠ですね。

でも、ぶつけた覚えがないのにアザができたらどうでしょう。手をついて立ち上がっただけで、手の平にアザが・・・。それは『紫斑病(しはんびょう)』かも知れません。

どんな症状?

皮下に紫褐色(しかっしょく)の斑(はん)ができます。斑の大きさは1~5mmで、重力のかかるおしりや足首、手などにできることがおおく、水疱(すいほう)や潰瘍(かいよう)が混在することもあります。

小さい斑は、あせもなどの発疹とまちがえられがちですが、指でおしてみても赤みが消えない場合は「紫斑」です。

いくつか種類がある紫斑病には、おおまかに分けると、血管がもろくなり出血する「血管性紫斑病(アレルギー性紫斑病)」と、血小板がへり、血がかたまりにくくなってしまう「血小板減少性紫斑病」があります。

血管性の場合は、アレルギーでもろくなった血管が出血しておこります。それが皮膚周辺でおこれば紫斑、筋肉でおこれば筋肉痛、関節でおこれば関節炎をひきおこします。

関節の腫れや痛み、腹痛や血便をともないます。紫斑はおもに下半身にでることが多いです。

血小板減少性の場合は、全身の紫斑にくわえ、歯ぐきや鼻などから出血することもあります。胃腸からの出血は、吐血や下血をおこします。

いったい何が原因?

くわしいメカニズムは解明されていませんが、どちらのタイプも自己の免疫障害であると考えられています。

血管性の場合は、感染症や薬剤、または食べ物などが血管にアレルギーをおこしています。血小板減少性は、血管がもろいうえに、血小板までもが破壊され、止血がむずかしくなる病気です。

紫斑病の中では、血管性がもっとも多くみられる病気です。

病院で治すには

この病気は自然治癒してしまうことが多く、治療は通常は必要ないとも言われています。

ステロイド剤や免疫抑制剤を使用すれば、数週間ほどで完治するケースがほとんどです。

しかし、まれに出血がひどくて腎炎になったり、大量出血等により死亡する例もあるので、そうならないように、定期的な尿検査が必要です。

自分でできること

紫斑病のおおくは「安静にすること」が基本的な治療です。止血能力がひくくなっていますので、とくにけがなどで出血しないように、じゅうぶん気をつけてください。ストレスや疲れをためないことも大事です。

同じ紫斑病患者でも、少しの安静でよくなる場合もあれば、入浴や少しの運動も禁止される場合があります。病状により「安静」の方法がことなりますので、医師の指示にしたがいましょう。

予防するには

アレルギーの原因になるのは、感染症、薬剤、食物などが考えられます。病気にかからないこと、また、アレルギーの原因となる物質との接触をさけるようにしてください。

具体策としては、うがい、手あらい、消毒、歯みがきなどを徹底すること、部屋を清潔に保つこと、人ごみなどの感染源となる場所をさけること、定期検査をうけることなどです。

くわえて、生活習慣をみなおすことも、免疫の正常化や、アレルギーを起こしにくい体を作ることができます。何でもよく食べ、しっかり寝て、楽しく毎日を過ごしましょう。

また、ビタミンCが血小板の増強に良いとされるので、積極的にとりましょう。ビタミンCは、果物、野菜に多くふくまれます。

最後に

紫斑病は一般的に、幼児におおい病気です。お子さんがなった時は注意しましょう。

また、まれに成人でも発病します。くわしい原因は不明なところが多いのですが、やっぱり生活習慣と関係があるみたいです。最悪の場合は死にいたることある病気ですので、しっかり予防したいものです。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る