視界がぼやける!目がかすむ!眼精疲労の治し方や予防方法とは

視界がぼやける!目がかすむ!眼精疲労の治し方や予防方法とは

「夕方になると視界がぼやける」
「PCやスマホの画面を見ていると目がかすむ」
「加齢のせいかピントがすぐに合わなくなった」

これらは「疲れ目」「かすみ目」といい、『眼精疲労』の代表格で、視力低下や肩こり、偏頭痛などいろんな不調までおこします。

現代人はPCやスマホを日常的に使いますから、目薬やサプリで対策している人も多いでしょう。私自身も以前はブルーベリー系のサプリを飲んでいました。

しかし、最近では視界がぼやける方に有効なルテインを配合されたサプリ「えんきん」が登場しました。しかも「機能性表示食品」という国が効果を認めたサプリです。

視界がぼやけたり、目がかすんだりする方に非常に効果的なですので紹介します。

TVで話題!ファンケルの機能性食品

視界がぼやけたり、目がかすむ方におすすめなのが、ファンケルの機能性食品「えんきん」です。TV CMでよく見かけるようになりましたね。

2016-12-20_15h14_46

私は今36歳ですが、スマホやPCをよく使っているからなのか、夕方になると視界が白くぼんやりぼやけた感じになっていました。ぱっと遠くや近くのものを見たときもピントが合わないんですよね。

それがこの「えんきん」飲み始めるとスカッとクリアな視界が戻ってきました。いくら目薬をしてもスカッとならなかった視界が戻ってくるのはけっこう爽快ですよ。

臨床試験では4週間ほどで実感できたとのことでしたが、私はだいたい1周間程度で効果が実感できました。ここらへんは個人差や年齢などもあるかもしれませんね。

毎日スマホやPCを使う方はぜひ試してみてください。

成分としてはルテイン、アスタキサンチンやDHAがふんだんに入っていますので、目のピント調整機能だけじゃなくて、眼精疲労による目や肩、首の凝りにも効きます。

ちなみに価格は一袋(2週間分)たった1,000円です。しかも、今ならさらに無料でもう一袋ついてくるので実質1ヶ月1,000円です。

さらに開封後でも全額返金保証がついています。返品送料も無料ですので、視界がぼやけるとお困りの方はとりあえずお試しされるのをおすすめします。

効果を実感できなければ開封後でも返品できるので安心でしょう。

開封後でも全額返金保証!
「えんきん」の公式サイトはこちら

えんきんを飲みはじめる前後の視界

実際どれぐらい変わったのかわかりにくいと思いますので、私がえんきんを飲む前はどんな感じで視界がぼやけていて、飲んだあとはどう変わったのか画像で紹介します。

もちろん、これらは画像を加工したイメージ図ではあるのですが、実際の視界を忠実に再現できていると思います。当時の私は本当にこんな視界でした。

まずはえんきんを飲み始める前です。
before
白く霞がかった視界ですね。目薬をさしてもブルーベリー系のサプリを飲んでも治りませんでした。PCやスマホを使った日の夕方には必ずこんな視界になっていましたね。

こちらがえんきんを飲み始めたあとです。
after
スカッとした視界になっていることがわかってもらえるでしょうか。

このような視界のまま日常生活を過ごせるというのは思いの外、爽快なものです。

えんきんはなぜこんなに効果があるの?

結論を言いますとかすみ目を強力にサポートするルテインが配合されていて、さらに吸収効率を注目してアスタキサンチンやシアニンを配合していることが理由です。

また、えんきんは機能性表示食品でもあります。機能性表示食品とは科学的根拠に基づいて効果があると国が認めた食品のことです。効果を国が審査して認めているというのは最大の安心感でしょう。

もちろん、この許認可はだれでも簡単にとれるわけではなく、ちゃんとした臨床に基づいた効果の証拠を国に提出する必要があります。余談ですが、えんきんは目のサプリとしては初の機能性表示食品です。

つまり今までのサプリより効果があるという証拠があると認められているということです。

従来の一般食品に分類されるサプリとは一線を画すものということですね。

そもそもかすみ目ってどんな症状?

最初は目が重たくなる感じがして、視界がぼやけたり、かすんだり、目に異物感をかんじます。そのうち目が痛くなってきて、まばたきがふえ(しょぼしょぼ)、目をあけているのがつらくなります。

充血したり、やけに光がまぶしかったり、なんでもないのに涙がでる場合もあります。不調は全身にまでおよび、イライラ、だるさ、頭痛、肩こり、吐き気、食欲不振などもおこります。

いったい何が原因?

真っ先におもいつく原因といえば、「目の酷使」です。

普通に生活していても、物を見たり文字をよんだりで目をたくさん使っていますが、とくに最近はパソコンや携帯電話などの使用もくわわり、目には相当な負荷がかかっています。

加齢も原因の一つです。年齢とともに目のピントが合わせにくくなる、いわゆる「老眼」ですね。物がぼやけて見えると、よく見ようとして無理な姿勢になります。

それが、目の疲れや首筋や肩のこりにつながってしまいます。また、度があっていない眼鏡やコンタクトの使用や、ドライアイ、緑内障、白内障などといった、目の病気が原因の場合もあります。

最後に

眼精疲労は、目の不調だけでなく、胃腸のトラブルや便秘などもおこしてしまいます。

まさか目の疲れが原因だなんて、なかなか思いつきませんよね。でも目がつらいから、物がよく見えないから、イライラしてストレスで胃痛が・・・、納得ですね。

眼精疲労は、普段の生活習慣をかんがえなおしてみる良い機会なのかもしれません。

ファンケルの「えんきん」もぜひお試しを。

たった1,000円から始められる
「えんきん」の公式サイトはこちら

よく読まれている記事

新着記事

カテゴリ一覧

ランダム記事

ページ上部へ戻る