目や肌が黄色!?肝臓のSOSと言われる黄疸の症状、原因、治療方法など

目や肌が黄色!?肝臓のSOSと言われる黄疸の症状、原因、治療方法など

皮膚や白目が黄色い・・・。見た目のインパクトに、なんだかたいへんな病気の末期症状を感じさせます。

実際それもまちがいではないのですが、黄疸はそこまで深刻になる必要もなく、早期に治療すればまだまだ間に合います。

どんな症状?

黄疸はまず目で見てわかります。身体や白目の部分が黄色っぽい、尿の色がひどく濃い(ビール瓶の様な濃い茶褐色になることも)、便の色がうすく黄金色をしているなど、とにかく「黄色」がキーワードです。

皮膚のかゆみや感冒様症状(風邪の症状:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛み、発熱、全身の倦怠感、頭痛、下痢、関節や筋肉のいたみ)をともなう場合もあります。

いったい何が原因?

「ビリルビン」という物質がふえることが原因です。ビリルビンとは赤血球がこわされるときにつくられる物質です。

血液中の赤血球は、体中に酸素をとどけるため一生懸命働きつづけます。

でも120日くらいたつころにはもうボロボロ。しかし酸素供給をとめるわけにはいきません。

そのため、体の中では定期的にあたらしい赤血球がつくられ、古いものは破壊処理されているのです。その処理のときにできるのが、ビリルビンという黄色い色素をもった物質です。

処理の「ついで」にできたものとはいえ、胆汁の成分となるもので、脂肪の消化吸収に非常に役立っています。

役目をおえたビリルビンは、通常であれば老廃物と一緒に尿などとして排出されます。人や動物のふん尿が黄褐色なのはこのためです。

しかし、胆道系にトラブルがあると、血液中にビリルビンがいっぱいたまっていき、粘膜や皮膚に沈着し、白目や皮膚の色をそめていくのです。

しかも皮膚の末梢神経を刺激するので、体中に強いかゆみをひきおこすこともあります。

治し方

黄疸は病気ではありませんので、黄疸そのものに対する治療法は存在しません。根本的な治療法は、原因となっている病気をなおすことです。

「黄疸=肝臓系の病気」です。まずは安静にして、肝臓にじゅうぶんに血液がいくように心がけましょう。

動くとそちらに優先的に血液がおくられてしまうので、寝るのが一番ですね。また、バランスの良い食事をとるのも大事です。

とはいえ、肝臓系の病気といっても種類はさまざま。慢性肝炎や肝硬変、アルコール性肝障害に脂肪肝、自己免疫性肝炎かもしれないし、薬剤性肝炎?もしかしたら胆管ガン、肝門部肝ガン、膵頭部ガンということも。

病気の種類や病状によって、治療法が大きく異なります。不調だからといって、自分で勝手に市販薬を買ってきてのんでしまうと、逆に肝臓に負担をかけることもありますので、きちんと医師の診断をうけましょう。

ただしくケアすれば、病気がよくなるにつれて黄疸はみられなくなります。

最後に

肝臓は体でもっとも重要な臓器の一つです。

食べた物を体内で利用できる形につくりかえたり、体内の有害物質を無害化したり、消化吸収や排せつをたすけたり・・・、500以上もの仕事をこなす「スーパー臓器」といわれています。

さらに根性もあってギリギリまで不調を訴えず、気づいた時には手遅れということもあります。黄疸はそんな肝臓からのSOSです、はやめに気づいてケアしてあげましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る