寝たきりの原因!?骨が折れやすくなる骨粗鬆症の症状・予防・治療方法など

寝たきりの原因!?骨が折れやすくなる骨粗鬆症の症状・予防・治療方法など

お米の袋を持ち上げる、かわいい孫をだっこする、ちょっとつまづいて転ぶ・・・。若いころはこのくらいなんてことなかったはずなのに、今では「骨が折れないかどうか心配・・・」。

骨全体が弱まって骨折してしまう『骨粗鬆症』、これがきっかけで寝たきりになってしまうケースも多く報告されています。

どんな症状?

昔で言うところの鬆(す)、つまり本来詰まっているべきところにすき間や空間ができたように骨がスカスカになり、強度が低下します。

痛みがあるとか骨折したとかなら対処もできますが、もろくなった骨は体重をささえきることがむずかしく、しばしばひそかにつぶれています。お年寄りの背骨がまるくなったり身長が縮んだりするのには、骨粗鬆症がかかわっている場合が多くみられます。

特に腰やふとももの骨折は、介護の入り口ともいわれています。たとえ要介護にならなくても、さらなる転倒がこわくて家にとじこもりがちになり、ますます骨が弱くなってしまいます。

いったい何が原因?

建物などは、特にこわれていなくても年数がたってくると補強工事をしますね、骨も同じです。

体重をささえ、かつ跳んだりはねたりにも耐えられるよう、骨は常に強くて丈夫でなければなりません。

そのため、毎日少しずつ自ら「こわす」と「つくる」をくりかえし、常にいい状態を保っているのです。

この作業にはいくつかのホルモンが関係していますが、加齢にともないそのバランスがくずれてしまうのです。

特に、もともと男性にくらべて骨量がひくい女性は、閉経をむかえるあたりから急激に骨がもろくなります。女性ホルモンが「つくる」にかかわっているからです。

治し方・予防

骨粗鬆症の治療には「こわす」作用をおさえ「つくる」作用を促進させる薬をつかいますが、そうなる前にたくさん「骨の貯金」をしておきましょう。

骨の材料といえばカルシウム。特に成長期(幼児期から高校生くらいまで)に牛乳などからカルシウムをしっかりとる習慣をつけましょう。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、イワシやちりめんじゃこなどの小魚、桜えび、豆腐や納豆などの大豆製品、小松菜などの葉っぱの野菜、切り干し大根、わかめやひじきなどの海藻などにもふくまれています。

かといって、カルシウムだけをたくさんとってもあまり効果がありません。カルシウムは吸収されにくい栄養素といわれているので、吸収をたすけるビタミンDやビタミンKも一緒にとりましょう。

キノコやウナギ、サンマなどの魚類、卵や納豆、野菜などに多くふくまれています。またビタミンDは日光浴をすることで、体内でも作られます。

骨に刺激がくわわる運動をすることも大事です。ランニングやエアロビクス、太極拳などが予防にいいのは当然ですが、日常生活で階段をつかったり散歩をするだけでも骨折予防になります。

とくに散歩は日光浴になるので一石二鳥です。すわったり立ったりをくりかえす日本式のライフスタイルも、骨に負荷をかけるという点では有利ですね。

最後に

かつて骨粗鬆症の患者さんといえば圧倒的に高齢の女性でした。しかし近年の生活様式の変化にともない、男性や若い女性の患者さんもふえつつあります。

「自分はきっと大丈夫だろう」とたかをくくらず、普段から予防に努めることが大事です。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る