【行きたいけど怖い!?】病院で子宮の病気の検査、診断ってどう行われるの?(子宮内膜症など)

【行きたいけど怖い!?】病院で子宮の病気の検査、診断ってどう行われるの?(子宮内膜症など)

子宮の病気の診断って、どんな検査をして診断するの?と不安ではないでしょうか。

それが、出産経験もなく今まで婦人科に受診したこともない若い女性の場合、不安はよりいっそう大きなものです。症状があってもなかなか病院やクリニックを受診する勇気が出ないという人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、子宮の病気として一般的な子宮内膜症を例にとって、子宮の病気が疑われる症状があった時、婦人科ではどのような診察や検査がされるのかについて説明します。読んで不安を払って頂ければうれしいです。

1)問診と内診、超音波検査で子宮内膜症を臨床診断

最初は生理がひどくて、日常生活に支障をきたすような痛みを伴って婦人科の門をくぐると思います。

婦人科では、看護スタッフによる問診で、ある程度の情報を聞きます。その後、医師は診察で、どのような自覚症状があって、それ以外に医師の目からみて異常な所見がないかどうか確認します。

医師との面談の後、実際に子宮の状態はどうなっているのか内診(膣から子宮口まで手を入れて触診すること)で確認します。最近はほぼ間違いなく女性の医師ですし、心配であれば受付で確認しても構いません。

内診はまず、膣鏡(クスコー)と呼ばれるカラスのクチバシのような器具を膣から挿入し、膣の内腔を広げて診察しやすくします。

器具を入れる時には、その人のサイズにあったものを使うため、通常は痛みはありません

その後、膣の中に胃カメラのような管(経膣超音波検査)を子宮の口あたりまで挿入し、子宮や、卵巣の状態を確認します。

卵巣にも病巣があるかどうかによって、治療方針がかわるからです。この時も痛みはありません。

医師は患者さんの訴えと、診察時に観察した所見と、内診と超音波検査の結果を総合的に判断して臨床診断をします。

また、これらの他に、血液検査をする場合もあります。血液検査で子宮がんや卵巣がんになっていないか参考になる検査項目があります。

ただ、この検査項目は感度や特異性(子宮や卵巣のみに反応しない)が高くないため、実施するかどうかは医師と相談し、患者さんの希望に応じて実施します。

この臨床診断とは、確定診断とは違います。確定診断を行うにはさらに詳しい検査が必要です。では、さらに詳しい検査とはどのようなものがあるのでしょうか。

子宮内膜症やチョコレートのう腫、卵巣がんの診断に使われるCA125検査って何?

2)子宮内膜症を確定診断するための検査

日本では多くの場合、臨床診断で治療が開始になりますが、確定診断というより詳しい検査をすることがあります。詳しい検査とは直接子宮の状態や卵巣の状態を見て確認する事です。

その方法として、腹腔鏡検査という方法があります。

・腹腔鏡検査とは?

お腹に小さな穴を2〜3カ所あけて、そこから腹腔鏡と言われる内視鏡(胃カメラの時に使う管のようなもの)を入れます。

内視鏡の先端には、小さなカメラがついていて、そのカメラを通してモニターテレビに子宮や卵巣など、腹腔内の様子が映し出されます。この検査で、病気の部分を直接見て確認する事で確定診断ができます。

【行きたいけど怖い!?】病院で子宮の病気の検査、診断ってどう行われるの?(子宮内膜症など)

最後に

日本では多くの場合、臨床診断の段階で薬での治療などが開始されます。

確定診断をするための腹腔鏡検査は、お腹に穴をあける検査のため、体への負担が大きく、全身麻酔なども必要となります。

そのため、外来で気軽にできる検査ではなく、医療機関によって日数の違いはありますが、数日間の入院が必要になります。

また費用的な負担も大きく、3日間の検査入院だと、3割負担の人で約6万円ほどかかってしまいます。

このような理由から、欧米では確定診断が当たり前ですが、日本では臨床診断で治療を開始するわけです。

ただ、患者さんの状態によって手術などの治療が必要な場合は、確定診断が必要になりますので腹腔鏡検査を実施する事になります。

こちらに自宅で子宮内膜症の治療ができる方法もあります。
子宮内膜症・卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった人気の方法◆

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る