子宮内膜症の方必見!よく効く治療薬とその副作用などメリット・デメリットまとめ

子宮内膜症の方必見!よく効く治療薬とその副作用などメリット・デメリットまとめ

子宮内膜症の治療には、薬を使う方法と手術で治す方法があります。

どちらの治療法を選ぶかは、子宮内膜症の状態と本人の状況によって医師と相談しながら決まります。

ここでは薬を使った治療についてその効用やメリット、デメリットなどについてご紹介します。

薬は痛み止めとホルモン剤の2種類

薬で行う治療としては痛み止めとホルモン剤での治療があります。それぞれどのようなものなのか、効用やメリット・デメリットを見ていきます。

痛み止め

その名の通り、子宮内膜症の一番多い症状である激しい痛みを、痛み止めを使って和らげる方法です。

主に使われるのは、非ステロイド系消炎鎮痛剤と呼ばれる痛み止めです。この薬は、子宮内膜症の痛みだけではなく、頭痛の時や、その他の痛みがある時にもよく使われる薬です。

ロキソニンや、ボルタレン、バファリンと言えばわかりやすいですね。生理痛の時なんかでもよく使われると思います。

痛みに直接効く薬です。医師に処方してもらわなくても、薬局でも簡単に購入できる手軽さがあり費用も低く抑える事ができます。

子宮内膜症に限らず、様々な痛みに広く使われる薬なので、使用経験が豊富で安全性もよく知られています。

一方でもちろん子宮内膜症自体を治すわけでも、進行を抑えるわけでもありません。単に痛みを取っているだけです。

子宮内膜症はその性質から生理の度に病気が進行します。そのため、痛みをとるのは単なる一時しのぎでしか無く、取り返しがつかなくなる前に対策することが必要です。

ホルモン療法

痛み止めで痛みのコントロールができない場合は、より積極的に働きかけるホルモン剤での治療が選択されます。

ホルモン療法もいくつか種類がありますが、症状が軽い場合やホルモン療法を始める際には、低用量ピルや低用量EP配合製剤(ルナベル配合錠LD、ヤーズ配合錠など)が選択されます。

子宮内膜症などの治療によく使われる低用量ピルの効用とメリット・デメリット

低用量ピルで効かない場合は、黄体ホルモン製剤(ディナゲスト錠)です。

子宮内膜症の治療薬の定番!ディナゲスト(ジエノゲスト)の効果・副作用を紹介

これらの薬でも効かない場合、ダナゾール(ボンゾールなど)、GnRHアゴニスト(ナサニール、ブセレキュアなど)という薬が使われます。

かつてはダナゾールやGnRHが主流でしたが、より長期間使える薬の登場で、よほど症状が重い場合などに使われるのみとなってきています。

低用量ピル、低用量EP配合製剤は子宮内膜の増殖を抑えて、進行を食い止める働きがあります。また使用期間に制限がなく、長期間使える薬です。

黄体ホルモンは子宮内膜の組織に直接作用し、病気の部分を小さくする働きや、痛みを抑える力が強いのが特徴です。この薬も使用期限の制限はなく長期間使用する事ができます。

ダナゾールやGnRHアゴニストは服用期間中は生理が完全に止まりますので、症状はなくなり、進行が食い止められます。

ただ副作用の問題があるため最長6ヶ月間しか使えません。副作用には骨量の減少や、更年期のような症状などがあります。

最後に

まとめるとこんな感じです。

メリット デメリット
痛み止め 安い、薬局でも買える、お手軽 根本的に治すわけではなく、病状は進行し続ける
ホルモン剤 病状を軽くできる、 比較的高い、副作用がある、長期間使えない場合もある

薬によってもそれぞれの特徴とメリット・デメリットがあります。症状や今後の妊娠計画などにより選択される薬も変わります。

まずはどういう種類の薬があるのかを理解した上で、詳しくは医師と相談して自分のあった薬を選ぶようにしてくださいね。

こちらに自宅で子宮内膜症の治療ができる方法もあります。
子宮内膜症・卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった人気の方法◆

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 以前書いた「私が飛蚊症を治した方法」がかなり反響…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る