溶連菌に感染したら幼稚園、保育園は休ませるべき!

溶連菌に感染したら幼稚園、保育園は休ませるべき!

溶連菌は子供が感染しやすい病気で、一度は聞いたことがある人も多いことでしょう。

子供がいる家庭なら、良く耳にするはずです。まわりにかかった経験のある人がいない場合は、どんな病気か気になりますよね。

その症状についてもこれからご説明いたします。また感染するので幼稚園や保育園は休ませた方が良いでしょう。

子供が繰り返しかかる溶連菌の症状

溶連菌には、A群β溶血性連鎖球菌という正式名称があります。意味がわからないので不安に思う人もいるでしょうが、適切に治療をすればすぐに完治します。

具体的には、舌がイチゴのように赤くなり、ブツブツができるイチゴ舌と呼ばれる症状があらわれます。また手の甲やくるぶしなどに発疹ができ、次第に全身へと広がります。

溶連菌が発症しやすい子供と、そうでない子供がいて、何度も繰り返し発症する子もいます。また完治しないままにしておくと、再発することもあります。

その他の症状の特徴は、発熱や喉の痛みですが、これらはあらわれる子とそうでない子がいるため、個人差があると言えます。

そのため、発熱していなくても疑わしい症状があらわれたら、すぐに病院を受診すると良いでしょう。

幼稚園や保育園は休ませましょう

冬の季節はとくに集団感染しやすいため、幼稚園や保育園は休ませた方が良いでしょう。通っている幼稚園や保育園には、感染が発覚した時点でなるべく早めに連絡を入れるようにします。

また感染した子がすでにいて、そこから広がることもありますので、同じ園内で溶連菌の発症が確認されたら、子供の様子を良くみておくことです。

潜伏期間が2~5日ありますので、すぐに発症しないからと言って、安心するのはまだ早いです。

元気に遊んでいたと思ったら、急に高熱が出る場合もありますので、用心しておきましょう。また冬場は空気が乾燥していて、温度も低いため、細菌が繁殖しやすい環境が整っています。

それに加えて、寒いからと言って室内を換気することが少ないと、どんどん感染が広がってしまうことに繋がります。

外から帰って来たら、うがいと手洗いを徹底するようにしましょう。そうすることで、感染を最小限に食い止めることができるかもしれません。

また5~15歳くらいに発症しやすい病気ですが、免疫力が低下している大人も感染することがありますので、油断は禁物です。

アトピー性皮膚炎の子供は注意が必要

溶連菌は、アトピー性皮膚炎の子供が感染すると、重症化する恐れがありますので、園内で感染が発覚したら、充分に注意する必要があります。

先生から連絡が来るはずですので、休ませるかどうか相談すると良いでしょう。

まとめ

溶連菌は、子供に感染しやすい病気です。もし疑わしい症状が出てしてしまったら、すみやかに病院で検査を受け、適切な治療を始めましょう。

そうすればすぐに完治するので、それほど心配することではありません。しかしアトピー性皮膚炎の子供は重症化する恐れがありますので、充分注意が必要です。

また、感染がわかったら幼稚園や保育園を休ませるとともに、感染していた旨を報告しましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る