子宮筋腫は遺伝するって本当?

子宮筋腫は遺伝するって本当?

子宮筋腫は遺伝する。そういう話を聞いたことはありますか?

今回は子宮筋腫と遺伝についてまとめました。

遺伝ってどういうこと?

皆さんも、両親に似ている部分が少なからずありますよね。遺伝とは、生殖に伴って親から子供へ形質などの特徴が伝わることを言います。

ちなみに、両親からではなく、祖父母から孫へ特徴が受け継がれることを隔世遺伝と言います。

子宮筋腫は遺伝するの?

そもそも、子宮筋腫の原因はわかっていません。

一番関与が疑われているのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンで、このホルモンが多くなると大きくなるといわれています。

では、子宮筋腫は遺伝するのでしょうか。実は、それも詳しくはわかっていないのです。

というのも、子宮筋腫は女性がなる病気の中で罹患率がとても高い疾患で、4人に1人はなるといわれています。

この確率からも、家族内の誰かが同様の病気を持っていてもおかしくはないでしょう。

じゃぁ何で子宮筋腫は遺伝するっていわれているの?

子宮筋腫の罹患率は近年増加傾向にあります。というのも、ライフスタイルが変化していることで、増加していることが考えられます。

生活を共有する「家族」では、食事が同じであったり、生活習慣が同じであったりと自然と生活環境が似てくる傾向にあります。

子宮筋腫の罹患率が高いこともふまえ、子宮筋腫が家族内発生する可能性は大いにあります。

また、最近ではライフスタイルが欧米化していることも影響して子宮筋腫が発生すると考えられています。

子宮筋腫になる原因は?

子宮筋腫は、白人よりも黒人の方が数倍もなりやすいといわれています。

このように人種による違いもあれば、先ほど言ったようにライフスタイルによって子宮筋腫になりやすくなる可能性があります。

たとえば食事。昔は和食中心の生活が多かったですが、近年では、和食中心の食事よりも洋食をとりいれた食事が多くなっていますよね。

それに伴って動物性脂肪を昔よりも取り入れる傾向にあり、子宮筋腫になるという考え方もあります。

また、子宮筋腫はホルモンの変化によっておこっていると考えられており、ホルモンバランスが崩れることで子宮筋腫になりやすくなる可能性があります。

仕事で忙しくて眠れていない、ご飯を食べる時間がないなど、休息や食事が十分にとれていないとホルモンバランスが崩れて子宮筋腫になりやすくなる可能性があります。

もし、家族間での遺伝なのではないか考えて何もしないのであれば、家族全体の食事やライフスタイルを変化させて、健康的な生活を送れるようにする方がよいでしょう。

そうすることによって、女性特有の疾患だけではなく生活習慣病など家族全員が罹患する可能性のある病気の予防にもつながります。

最後に

現在では、子宮筋腫と遺伝の関与はよくわかっていません。同様に、他の病気でも、遺伝しているかどうかわかっていないものも多いです。

ですが、ライフスタイルの変化が関与している可能性もあるので、病気にならないように食事など見直せるものから改善していくとよいかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る