勇気が出る!子宮筋腫を手術した人のブログ4選

勇気が出る!子宮筋腫を手術した人のブログ4選

あれ、最近月経がおかしい、体調が悪い。病院を受診してみたら、子宮筋腫なんて言われてしまって、しかも手術も勧められた。

子宮筋腫って、不妊の原因にもなるのよね、どうしよう。手術しても大丈夫かな。その後も妊娠できるのかな。

子宮筋腫って女性になりやすい疾患なので、このように心配している方も多いはず。

でも、同様な悩みを持っている人も多いんです!子宮筋腫を手術した経験のある方のブログを紹介したいと思います。

ドキドキ・・子宮筋腫手術日記

子宮筋腫で症状が出るようになって、腹腔鏡手術を考えていたところで開腹手術を勧められたという方のブログです。

開腹手術って、腹腔鏡よりも負担があるし不安ですよね。

入院に必要な物品や逆に不要だったもの、入院の経過も細かく綴ってあり、これから入院する方にはどのような物品を用意した良いのか参考にできるブログです。

ドキドキ・・子宮筋腫手術日記

目指せ!一番詳しい子宮筋腫のブログ

この方の子宮筋腫との戦いはとても長いです。なんと10年!

その間に、開腹手術を4回も行い、他にもホルモン療法や子宮動脈塞栓術まで様々な治療をしています。

いろんな治療法を経験したからこそ、術後の痛みを比較するグラフまで作っているんです。これには私も脱帽しました。

これから治療法を検討する予定の人には、とても参考になるのではないでしょうか?

目指せ!一番詳しい子宮筋腫のブログ

子宮筋腫の開腹手術しました

治療法から、処方された薬のことまでとても詳しく調べて載せています。他にも、自身の開腹手術の写真を使用しているので、これから手術を控えている人にはイメージがしやすいのではないでしょうか。

ホルモン療法の経験も綴ってあるので、手術の前に筋腫を小さくする目的などでホルモン療法を行う予定の人にもとても参考になるブログだと思います。

子宮筋腫の開腹手術しました

子宮筋腫 全摘 開腹手術 体験記

この方の子宮筋腫、なんと3.5キロもあったんです。手術後にどのような入院生活をしたか、どんなトラブルがあったかを明るく載せています。

それでも、子宮という身体の大事な臓器を摘出したことで、喪失感もありますよね。そんな濃い入院生活中での医療者との関わりは、とても必要だなと感じました。

退院後の生活について、医師から受けた注意点もまとめてあるので、退院後の生活環境を整えて入院することもできるのではないでしょうか。

いいことも、悪いこともとても共感できるブログだと思います。

子宮筋腫 全摘 開腹手術 体験記

最後に

子宮筋腫は多くの女性が経験している病気だからこそ、治療に関して書いているブログは沢山あります。

どの方も、子宮筋腫と長い間付き合っていて、治療や費用などの不安も多い中でつらい時期乗り越えています。

今回は、開腹手術に関するブログをまとめましたが、他にもさまざまな治療法を経験している方は沢山いるので、みてみると良いかもしれません。

これから手術を受ける予定の人も、まだ子宮筋腫になっていない人も、病気の症状に気が付けるのは自分しかいません。

少しでも普段と違うな、おかしいな、と思うことがあれば早めに産婦人科を受診して検査をするようにしましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る