逆効果!腰痛が悪化する間違ったストレッチ3つ

逆効果!腰痛が悪化する間違ったストレッチ3つ

高血圧であれば塩分を控える、糖尿病であれば甘いものを食べない、そんな健康に対する対策をとっている方は多いです。

では、腰痛に対して何か対策をとっていますか?腰痛はストレッチや筋トレ、体操などで予防や改善をすることができます。

しかし、あなたのそのストレッチ、本当に腰痛を改善する効果があるのでしょうか?今回は腰痛が悪化する間違ったストレッチについて例をあげて3つご紹介します。キーワードは「い・が・い」です。

「い」:いそいで

腰痛の改善には最低でも5秒、時間をかけてストレッチを行う事が必要不可欠です。急いで行う運動は腰痛を悪化させることがあります。

具体例が有名なラジオ体操の中にあります。誰でも1度は行ったことがある体操ですね。このラジオ体操の中に「からだをねじる運動」があります。腕を左右に振り、背骨をリラックスさせる運動です。

この運動、腰が弱い方にとって危険極まりないものです。

ぎっくり腰について考えてみてください。重いものを持った時以外にも、急に振り向く動作で腰を痛めることがあります。

それと同じ動きを体操の中で行うわけです。急いで、勢いよく行う動きは腰が元気な時に行いましょう

「が」:我慢して

痛みを我慢して行うストレッチは精神的にも肉体的にも良くありません。痛みのない範囲で無理せず行うことのできるものを選びましょう。

具体例としては「背筋」があげられます。腹筋とともに腰回りを支えるために欠かすことのできない背筋。

どんな方法で背筋を行っていますか?うつ伏せになり、腰から上を持ち上げる。腰は大丈夫ですか?なにも痛みがなく、腰が丈夫な方は全く問題ありません。しかしこの動き、腰の痛みがある方にはかなりの負担です。

痛みのない範囲では良い筋トレになりますが、痛みを我慢して行うと悪化する原因の1つになります。

同様に、立っている状態で背中を反らせるストレッチも危険な場合があります。痛みを感じない範囲で行いましょう。

<腰に負担をかけずインナーマッスルを鍛えて腰痛を改善するならシックスパッド>

「い」:いきなり

ジムに入会したら、最初はものすごく頑張っていろいろな運動を試す。最初だけは頑張るけれど続かない。筋肉痛がひどくなり、もう行きたくない。そんな経験はありませんか?

腰痛を予防・改善するためにはじっくりと時間をかけて続ける必要があります。初めから負担の多いストレッチや筋トレを行うよりも、負担の少ない運動を毎日続けるほうが効果的です。

無理に負担の多い運動を続けると体のゆがみを作り、腰痛を悪化させる可能性があります。

いきなり難しいストレッチを始めるのではなく、簡単にできるものから徐々に始めていきましょう。

最後に

いかがでしたか?意外と知らない腰痛が悪化するストレッチ「い・が・い」を今回は紹介しました。腰痛の改善には「ゆ・と・り」が大切です。

  • 「ゆ」:ゆっくりと
  • 「と」:(息を)とめずに
  • 「り」:リラックスして

「ゆ・と・り」のストレッチは腰や体の負担にならず、継続して行うことができます。現在、様々な本や雑誌、TV、インターネットで腰痛に効くストレッチや筋トレ、体操方法を探すことができます。

「いがい」と「ゆとり」この2つを忘れず、自分に合うストレッチを継続してください。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します

    残尿感を治せる市販薬とサプリを紹介します すっきりしない残尿感は、気持ちが悪いですよね。トイレ…
  2. 思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策

    思わずおしっこが!尿漏れを治す4つの対策 尿意を感じていないのに、ふとした拍子に尿漏れをしてし…
  3. 尿漏れの原因No1はやはりストレスだった

    尿漏れの原因No1はやはりストレスだった 誰かに知られると恥ずかしい尿漏れですが、原因は何なの…
  4. 無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました

    無呼吸症候群の治療方法や治療費をまとめました 無呼吸症候群の治療法は色々とあります。基本的には…
  5. 無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは

    無呼吸症候群を自宅で調べられる検査キットとは 無呼吸症候群は、まず自分で自覚しなければ治療をす…

ピックアップ記事

  1. 専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介 尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治した…
  2. 溶連菌の薬メイアクト、フロモックス、サワシリンの3つを比較 溶連菌に感染したら、病院を受診する…
  3. 大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき? 子供に多く発症する溶連菌感染症ですが、大人でもうつ…
  4. 血圧の下が高い人の頭痛とめまいは超キケンって知ってた? 血圧の下が高い人は、何らかの重篤な病気…
  5. 目の動きと連動して黒い斑点が動く飛蚊症とは? 飛蚊症という病気をご存知でしょうか。発症する年齢…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る